高所作業車はレンタルで利用しましょう~便利な作業車案内~

担当者

サブメニュー

高所作業車のレンタル

現場作業員

工事現場で高所作業車を見かける事は多いものでしょう。高所作業車はレンタル会社によって貸し出す期間のレンタル料が異なっています。サービス内容を理解して利用しましょう。

詳しく読む

高所作業車を操作する

作業現場

高所に位置する場所を点検するには、高所作業車が必要となります。高所作業車をレンタルした場合にも資格が必要となりますので、無資格者が操作しないように注意しましょう。

詳しく読む

少しでも高く売却する方法

工事現場

車を売却する種類と方法は複数あり、自分が納得する方法をしっかり調べることが大事です。また、車販売店によっても相場が違ってくるため、複数の車販売店に査定に出すと買取金額を上げることができます。

詳しく読む

クレーンの種類

3人の男性

クレーンについての基礎知識

高所作業車の中にはクレーンがあります。その中のラフタークレーンとは、ラフテレーンクレーンが正式名称であり、ホイルクレーンの1種類です。 レンタルで利用されている高所作業車の種別は、ラフタークレーンとクローラークレーン、トラッククレーンに分かれています。ラフタークレーンとトラッククレーンは公道を通行することが可能となっていますが、車体重量により制限される場合もあります。 1970年に国産での販売が始まると、1989年にトラッククレーンに比べ登録台数が多くなりましたが、トラッククレーンに比べてタイヤのホイルベースが短いため機動性があること、土木工事の悪路でも走行が可能であることなどが考えられます。ただし、走行速度が定められた最低速度を下回るため、高速道路などの最低制限速度を設けている道路は走行できません。

ラフタークレーンの能力

一般的なラフタークレーンの吊り能力は、4.9t〜75tであり、装備しているブーム(伸縮できる釣竿のようなもの)は6m〜40m(クレーンの大きさにより異なる)を超えるものがあり、広い範囲での作業が可能となっています。 ラフタークレーンの特徴は、運転する場合もクレーンの操作をする場合も同じ操作席でできることです。また、前後のタイヤが独立して動くので、旋回能力が非常に優れていて、狭い場所にも対応することが可能です。 ラフタークレーンは大型特殊自動車となり、レンタルして運転するためには大型特殊免許が必要(クレーンを操作するには10t以上は移動式クレーン免許が必要)ですが、自動車税と重量税は不要となり、トラッククレーンに比べ維持費用は安くなりますが、当然のことで固定資産税の対象となります。